聞いてください!
この僕でも 3ヶ月という短期間
薄毛を改善した渾身の育毛剤
yaji1yaji1

30代は【プロペシアとミノキシジル】ひょっとしてハゲてきた?



はい、こんにちは。

薄毛の武士てんきゅうです。

男性にとって30代は
髪の毛が気になってしまう年代です。

40代や50代の
おじさんの髪の毛を見てください。

見事なくらいに
ハゲ散らかしていますよね?

そうならないためにも
早いうちから対策するのが大事です。

プロペシアやミノキシジルなど
昔なら考えられないような
治療法も出てきています。
 

頭頂部を濃くする育毛剤
チャップアップの購入なら

もちろん定期便がいい

 育毛なら【チャップアップ】定期便

プロぺシアの登場

髪の毛が薄くなってきたら
育毛剤でも使おうかな…
カツラをかぶろうかな…
植毛しようかな…
ひと世代前までの考え方です。

古い考え

根本的な治療法にもなっておらず
できることなら自分の髪の毛を
生やしたいですよね?

 

1990年代の後半
プロペシア(フィナステリド)
という薬が出現しました。

 

男性型脱毛症(AGA)は
男性ホルモンの
ジヒドロステロン
原因といわれています。

 

プロペシアを服用すると
ジヒドロステロンが少なくなるので
薄毛の進行が遅くなるメカニズムです。

 

処方せんがないと購入できず
クリニックに通う必要があります。

 

プロペシアの錠剤を定期的に飲んでいると
薄毛の改善がされたと
喜んでいる人も多い医薬品です。

 

副作用も多く報告されており
医師の診断や観察をしながら
定期的に服用することが大事です。

 

身体に合わないケースもあるので
医師と相談しましょう。

 

プロペシアの登場で
一気に髪の毛の治療法が
ガラッと変わったといっても
言い過ぎではありません。

かなりメジャーなミノキシジル

次はミノキシジルですが
プロペシアと同じ時代に出現した
薄毛治療薬です。

 

ミノキシジルは
男性型脱毛症に効果があると言われていて
もともとは血圧の薬でした。

 

髪の毛にも効果があるということで
販売されるようになりました。

 

最近ではロゲインやリアップという
育毛剤の中にも含まれていて
育毛効果がかなり高いと言われています。

 

血圧に問題がある人は
使うことができないので
注意をしてください。

 

具合が悪くなったら
使用を中止することも必要です。

 

血圧の薬だったということで
血圧に心配のある方は
使わないほうが無難でしょう。

 

プロペシアと違ってミノキシジルは
医師の処方せんがなくとも
市販の育毛剤に含まれるくらい
メジャーなものになりました。

 

とはいっても
ミノキシジルもプロぺシアと並んで
副作用の報告が多い成分です。

副作用が怖い

プロペシアとミノキシジルは薄毛治療に
かなり効果的だといわれています。

 

しかし、副作用が怖い人が
多いことと思います。

 

その場合は
地道に治療するしかありません。

 

すでにこのサイトでは
プロペシアとミノキシジルの
代替案としてチャップアップを
推奨しているのですが

育毛剤の前に必要となるのが
まずシャンプーです。

 

育毛剤の成分を効果的に
頭皮の内部に届けるためには
汚れた頭皮をキレイにする必要があり
そのためのシャンプーなんです。

 

アミノ酸系のシャンプーがおすすめ
肌にやさしいものを使ってくださいね。

 

その他にも食生活が大事で
偏ったコンビニ弁当や
ファストフードなどやめましょう。

 

野菜をたくさん食べるようにして
栄養のバランスも取りましょう。

 

適度な運動することで
髪の毛の血流も良くなります。

 

30代になったら
髪の毛のケアをはじめないと
後悔することになりかねません。

 

僕の周りにも、後悔している人間が
多く存在しています…

 

育毛剤は、じっくり考えて
副作用のことも頭に入れてから
結論を出すべきだと思います。

 

後悔しないためにも、まずは
シャンプーからはじめましょう。

 

※僕が使っているウーマシャンプーは
下記のリンクから購入できます。

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい。

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly
            
※記事を読んで参考にして頂けましたか?



コメントを残す