聞いてください!
この僕でも 3ヶ月という短期間
薄毛を改善した渾身の育毛剤
yaji1yaji1

頭皮ケアしなきゃ!【フケとかゆみが酷い】乾燥してるんだろうか?



 
頭皮のフケやかゆみは、適切な頭皮ケアを行なえば
症状が収まり、快適にすごせます。

しかし頭皮ケアを間違えると、却ってフケやかゆみが悪化します。

乾燥が原因の場合もありますが、乾燥だけが原因ではありません。

ここでは、フケ・かゆみの原因と
それに対する適切な頭皮ケアについて考えたいと思います。
 

頭頂部を濃くする育毛剤
チャップアップの購入なら

もちろん定期便がいい

 育毛なら【チャップアップ】定期便

2種類のフケがあるって知ってる?

フケは、基本的に頭皮の角質細胞が剥げ落ちたものです。

 

したがって、生きていれば必ず発生するのですが
多量に発生すると、見た目にも不快です。

 

かゆみを伴うこともあります。

異常に発生するフケには2種類あります。

 

1つは脂性フケ、もう1つは乾性フケです。

 

脂性フケは、脂性の皮膚で発生しやすいものです。

 

これは、単純に脂分が過剰になって皮膚から落ちているわけではなく
過剰な皮脂の分泌がマラセチア菌という細菌を繁殖させ
脂性フケを生じると考えられています。

 

一方、乾性フケは乾燥肌で発生しやすいものです。

 

乾燥により、角質細胞の結合力が下がり
頭皮から剥がれ落ちてしまうのです。

 

かゆみも伴います。

 

乾性フケの原因はいろいろあるのですが、1つは季節的なものです。

 

つまり、冬場空気が乾燥していること
また、気温が低下して抹消血管が収縮し、皮脂分泌が減ってしまうのです。

 

もっとも、季節的要因だけではありません。

 

糖尿病やアレルギー性皮膚炎も乾燥肌の原因になります。

 

また、女性の場合は更年期によるエストロゲンの低下も
皮脂分泌を低下させ乾燥肌を引き起こします。

 

ビタミンAの欠乏も乾燥肌を起こします。

 

さらに、よく言われるように、シャンプーのしすぎや
熱湯による洗髪も、皮脂を必要以上に洗い流して乾燥肌を引き起こします。


スポンサーリンク


頭皮ケアは、これらフケ・かゆみの原因を見極めてから
対策しなければいけません。

侮るなかれ!フケとかゆみ

つまり、フケ・かゆみ言っても
それが脂性フケなのか乾性フケなのかを見極め
乾性フケだとしても、何が乾燥肌を引き起こしているのかを調べた上で
その原因に合った頭皮ケアをする必要があるのです。

 

例えば、頭がかゆい、フケが出るという症状があっても
頭皮が不衛生だと思い込んで頭を頻繁に洗い
却って症状を悪化させるケースがあります。

 

乾性フケの場合、過剰な洗髪は逆効果です。

 

また、乾性フケだとしても、季節的要因でなければ
単純な乾燥対策、例えば、クリーム塗布だけでは治りません。

 

糖尿病など、原因となる疾病があるのであれば
その治療が必要だからです。

 

また、女性の場合は、年齢の問題もありますし
パーマ液やカラーの染色液が頭皮を痛めているケースもあります。

 

注意すべきことは、フケと言っても
結構分かっていないことが多いのです。

 

例えば、マラセチア菌の繁殖が
脂性フケを発生させるメカニズムは、まだ分かっていません。

 

おそらく、マラセチア菌が
皮脂を分解して生じる物質や皮脂を分解する際の酵素が、頭皮を刺激し
炎症や頭皮の剥落を引き起こすようですが
このくらいのことでも、完全には分かっていないのです。

 

フケ・かゆみと侮ることなく、なかなか治らない場合は
皮膚科で診てもらうなど、慎重な対策が欠かせません。


スポンサーリンク


最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい。

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly
            
※記事を読んで参考にして頂けましたか?



コメントを残す