聞いてください!
この僕でも 3ヶ月という短期間
薄毛を改善した渾身の育毛剤
yaji1yaji1

頭皮ケアのすすめ【角栓が詰まっちゃって…】取り除く方法ってあるの?



 
角栓というと鼻や小鼻の角栓が有名です。
目にも付きやすいですしね…

しかし、頭皮ケアの世界でも角栓が存在します。

もちろん、基本的には鼻なんかの角栓と同じもので
これは取り除きたいですね。

でも、取り除く方法ってあるんでしょうか?
 

頭頂部を濃くする育毛剤
チャップアップの購入なら

もちろん定期便がいい

 育毛なら【チャップアップ】定期便

角栓とは何か?

そもそも角栓とは何かというと、毛穴に詰まった老廃物です。

 

基本的にはタンパク質と脂質からできています。

 

タンパク質は角質から来るものです。

 

脂質は皮脂ですね。

それではなぜ、そんな角栓が毛穴に出来るのでしょうか?

 

まず、頭皮でもその他の皮膚でも、皮膚は脂を分泌しています。

 

乾燥を防止して皮膚を守るのが目的です。

 

しかし、皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあり
そうすると狭い毛穴ですから当然詰まってしまいます。

 

また、毛穴の中では古くなった角質も詰まりがちです。

 

通常は新しい角質が出来て、古い角質は脱落していきますが
これが過剰に分泌された皮脂につかまって、混ざり合うと出来てしまうのが角栓です。

 

皮膚ケア製品では、パックのように薄い層を人工的につくり
これに角栓をくっつけて取り除くのはよくご存じですよね。

 

でも、この方法は頭皮ケアには使えません。

 

頭皮ケアの場合、パックが毛髪に絡みついてしまいます。

 

つまり、毛髪が邪魔になってこの方法は取れないのです。

 

それでは、ジャンプ―でごしごし洗うのがよいでしょうか?

 

皮脂汚れというくらいですから、シャンプーなら落ちるはずですよね。

シャンプーとヘッドスパと頭皮マッサージ

残念ながら、これもいい方法ではありません。

 

ジャンプ―でごしごし洗うと確かに皮脂は落ちるのですが
逆に落ち過ぎてしまうのです。


スポンサーリンク


この結果、頭皮が乾燥してしまいます。

 

頭皮の乾燥は、頭皮を傷つける原因なので
それ自体避けるべきものですが、皮脂が足りずに頭皮の乾燥が起こると
今度はそれを補うために、皮脂がまた分泌されてしまいます。

 

つまり、皮脂の過剰分泌状態を改善するためにシャンプーしているのに
それが却って皮脂の過剰分泌を招いてしまうのです。

 

これは悪循環。

 

それでは、頭皮の角栓を取り除く正しい方法はどのようなものでしょうか。

 

1つの方法はシャンプーを変えることです。

 

活性炭とか、ある種の泥(例えば、ベントナイト)のような
吸着剤を入れたシャンプーがあります。

 

洗浄力自体は、あまり強力ではなくてよいのです。

 

汚れの吸着力を高めたシャンプーを使うわけです。

 

また、「脂には油」ということで馬油などの油成分を入れたり
洗浄しても乾燥しないように、保湿成分を豊富に入れたシャンプーも有効です。

 

もう1つの方法は、炭酸水などの液体を使ったヘッドスパです。

 

これは炭酸水でパックして角栓を溶かしてしまうわけ。

 

液体だから普通のパックのように
毛髪に絡みつくようなことはありません。

 

さらにもう1つの方法は、頭皮マッサージです。

 

これは角栓を絞り出してしまうもの。

 

これらの方法は、2つ以上を組み合わせてもよいのです。

 

どのような方法でも角栓を取り除いて
健康な頭皮にすれば、頭皮も頭髪も大喜びですね。


スポンサーリンク


最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい。

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly
            
※記事を読んで参考にして頂けましたか?



コメントを残す